2015年07月05日

iPhoneアプリ「Shou」でのゲーム動画撮影に音声も含めるハード作成

※ある程度「Shou」の事を知っている前提の記事になります。

iPhoneには脱獄せずに端末単体で動画撮影が出来る
「Shou」という大変便利なアプリがあります。
が、動画撮影時に録音される音声はマイクからの入力のみとなっており、
ゲームを撮影する際にその音声を動画に含める事が出来ません。
そこで、ソフトでダメならハードで解決してしまえばいいじゃない、という
「レベルを上げて物理で殴る」的な結論に達しました。


・ハードを作成する
スマホ用片耳(モノラル)イヤホンマイク。百円ショップで売ってます。
toShou01.jpg

イヤホンとマイクをバラして部品を露出させます。
toShou02.jpg

イヤホンとマイクを密着させてホットボンドで固定します。
ついでに余った邪魔なケーブルも纏めます。
ライターはホットボンドが硬化するまでの重しです。
toShou03.jpg

たったこれだけで完成です。電子工作ってレベルじゃねーぞ!
実は以前Android用に同じ物を作っているのですが
iPhoneはAndroidと違ってマイク入力の感度が良いのか、
これだけでも十分実用に耐えてくれました。恐ろしい子…!

音声確認用にヘッドホンを単純にケーブルを分岐し
接続する方法を考えていたのですが、
マイクよりもヘッドホンの接続が優先されてしまう為、
簡単には実現できなさそうなのであっさり諦めました。
百円程度でこれだけの事が出来るってのが重要だと思ったので。


・使用方法
「Shou」で録画開始後、撮影したいゲームに切り替えてから
作成したハードを接続し、ヘッドホン音量を調整します。
自分の端末では、ゲージ真ん中から1〜2個下が良い感じでした。
音量が大きいと音割れしたりハウリングが起こったりするので、
気持ち小さめの設定が良いと思います。
音量が小さい分には後から簡単に音を大きくする事ができますので。

で、実際に録ってみた動画がこちらになります。
テスト動画の為、全くの無編集です。
そうじゃないと意味が無いと思いますので。



音量を変更している際に音割れしているのが分りますが、
実際の録画時にはそれを確認する方法がないのでご注意を。


・まとめ的な何か
iPhoneの動画撮影では「Reflector」がありますが、
そちらは有料で、かつ撮影にPCが必要になるので、
無料で気軽に端末単体だけで録画できる「Shou」で、
以下に安く弱点である音声録音を克服するかの実験とか挑戦の様なモノでした。
動画撮影中に音声が聞けなくなるという最大の弱点はありますが、
それさえ気にしないor気にならないのであれば、
安くて簡単に作れるなかなか便利なハードなのではないかと思います。

さぁ、ホットボンド片手に百円ショップへGo!!ww
posted by yakou at 05:29| Comment(0) | 技術系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。